引越しに必要な事(梱包編)

引越しに必要な事(梱包編)

新居に必要なものを梱包し続けなければ、引越し準備は終わりません。中には精密機器や割れやすい食器なども梱包しなければいけませんが、この時、緩衝剤(破損を防ぐために食器と食器の間に敷く物)の入れ方が甘いと、開封してみたら、全部の食器が割れていた、なんてことになりかねません。
運送上のミスなら補償は可能ですが、梱包の甘さで破損したとなれば、補償が可能かどうかも微妙ですし、なにより、クレームを上げて補償までたどり着くには、時間も手間も、神経も使います。出来るだけクレームを避けるためには、自分の出来る限り、しっかりと梱包をしておくことが必要です。出来るだけコンパクトに、そしてしっかりと梱包することが、引越しの上手な方法と言えます。
最近の引越し業者には、精密機器を包む専用のカバーや緩衝剤を準備しているところもありますので、事前に確認をして可能であればそれを準備してもらうと、安心度も高くなります。引っ越し業者は引越しのプロですから、ノウハウの詰まった梱包材と梱包方法のアドバイスがあれば鬼に金棒です。言い換えると、この辺りのプラスαなアドバイスや提供があるかどうかも、良い引越し業者を選ぶ大きなポイントになるということです。